お料理

御食国(みけつくに)淡路島

御食国とは

御食国イメージ

万葉の昔より「御食向かふ(みけむかう)」を枕詩に詠まれた淡路島。
御食国とは日本古代から平安時代まで皇室・朝廷に海水産物を中心とした御食料を貢いだ国のこと。若狭・志摩と並び、多くの食材に恵まれた淡路島もまた、古くから朝廷に数々の食材を納めてきました。

古事記の仁徳天皇の項には「旦夕淡路島の寒水を酌みて、大御水献りき」とあり、毎日飲む水までもが、ここ淡路島から朝廷に運ばれていたほどです。いわば朝廷からのお墨付きを頂いていた淡路島の食材たち。現代でも数々の淡路島ブランド食材が全国にその名を轟かせています。

淡路島の食料自給率はなんと107%。
畜産から野菜・水産など、豊かな土地が豊かな恵みを育み、賄っているのです。
食材の宝庫である淡路島だからこそできる、お料理をぜひお楽しみください。

御食国イメージ

淡路島新グルメプロジェクト

御食国(みけつくに)プロジェクトとは、時の権力者や宮廷人など多くの人を魅了し続けてきた淡路島の「食」を通じて、全国の方々を淡路島にご招待するための事業です。

その一環として、島の素材を使った「新しいグルメプロジェクト」が続々と淡路島全域で進行中です。
「淡路島ぬーどる」「淡路島牛丼」「島スイーツ」など、太陽と大地の恵みを受けた食材を存分に生かした淡路島ならではのメニューをぜひお召上がりください。

約1,000年の月日が流れても色褪せることなく続いてきた美味な「食」。
日頃の喧騒を忘れさせてくれる四季折々の美しい自然。

多くの人が淡路島を訪れることによって、「体感」してもらい、島を回れば回るほどに新しい発見をし、淡路島が好きになる…そんな旅の演出を企画・運営いたします。

淡路島ぬーどる

淡路島の四季折々の食材たちと島南部の福良地区で受け継がれる伝統の手延べ麺 がコラボレーション!
数々の魚介類、季節の土もの野菜に、猪豚・淡路牛が麺に絡み合い、あつあつの出汁とともに味わう。
それが「淡路島ぬーどる」の魅力です。

→淡路島ぬーどるの紹介サイトはこちら

淡路島牛丼

淡路牛・淡路玉ねぎ・淡路米の淡路島が誇る3つの食材を使用し、1杯の牛丼にした「淡路島発ご当地牛丼」です。

その味をこよなく愛する淡路島内の飲食店がそれぞれ独自の淡路島牛丼を提供いたします。

→淡路島牛丼の紹介サイトはこちら

島スイーツ

まるでお菓子の詰め合わせのような愉しさと美味しさがにじみ出してくる淡路島。
気取らない、とぼけた美味しさが魅力のスイーツたち。
とにかくおいしさに頬が歓ぶ「島の食材」を使ったスイーツやコロッケがなんともたまらない。

→島スイーツの紹介サイトはこちら

淡路島生しらす

豊潤な瀬戸内の海が育んだ海の宝石・シラス。
獲れたてのシラスが本来持つ、驚きの食味を知ってもらおうと、地元の漁師、加工業者、そして料理人が手を組みました。
淡路島で水揚げされた新鮮ピチピチの生しらすを、
それぞれ工夫を凝らした料理で召し上がることができます。

→淡路島の生しらす紹介サイトはこちら

ベストレート保証

スペシャルコンテンツ

ホテルニューアワジ6つのポイント

過ごし方

日帰りプラン

ダイナミックパッケージ

  • よくあるご質問
  • パンフレットダウンロード
  • お役立ち情報
  • リクルート情報
  • ISO14001への取り組み
携帯電話対応
スマートフォン対応

Copyright (C) newawaji. All Rights Reserved.