Language

  • HOME
  •  > 新着情報

新着情報 WHAT'S NEW

新着情報 WHAT'S NEW

  • 2018.11.13
  • 質・量ともに粋を極めた滋味豊かな極上のとらふぐ 淡路島3年とらふぐプランは3月20日まで

質・量ともに粋を極めた滋味豊かな極上のとらふぐ 淡路島3年とらふぐプランは3月20日まで1

冬の味覚といえば、なんといっても河豚(ふぐ)。
今年も「淡路島3年とらふぐ」の季節がやって参りました!

日本一の潮流の速さを誇る鳴門海峡。激流が生み出すミネラル豊富な美しい漁場としてその名を馳せています。淡路島南部・福良港の沖、鳴門海峡をすぐ目の前に見渡す恵まれた環境の中、3年の歳月をかけてじっくり大切に育てられ、質・量ともに極めたとらふぐが南淡路のブランドふぐ「淡路島3年とらふぐ」です。 一般に流通しているとらふぐは2年物で800g以下のものが殆どの中、潮流の速い天然の海でのびのびとよく泳ぎ、淡路島の海で獲れた天然のいかなごなど上質な食事をたっぷりと与えられ3年かけて育つ淡路島3年とらふぐは、2年物の1.5〜2倍を超える1.2〜1.8kgもの大きさに。水温の下がる冬の鳴門海峡の潮で揉まれたその身は更に引き締まり、質・量ともに極まった滋味豊かな極上のとらふぐとなります。
【ホテルニューアワジ】では、「淡路島3年とらふぐづくし」と「特選・淡路島3年とらふぐづくし」をご用意いたしました。
また、毎年恒例の「ふくスクラッチ」も併せて開催中!淡路島の冬の味覚をたっぷりと堪能できるコースでおもてなし致しますのでこの機会にぜひ冬の味覚の王者「とらふぐ」を存分にご堪能下さいませ。

● てっさ
器の柄が透けて見えるほど薄く引かれた「てっさ」はまさに料理人の技が冴える芸術品。味覚だけでなく、視覚でも存分に愉しむことができます。薄くともしっかりとした食感が魅力のその身は噛みしめるほどに底知れない旨みと甘みが口の中一杯に広がり、他の魚とは一線を画す味わい。まず最初の1枚はポン酢をつけずそのまま食すと、ふぐ本来の味が良く分かると言います。淡白な味と思われがちなふぐですが、実は底知れない旨みを持つなかなか奥が深い魚だと気づかせてくれることでしょう。そして後は紅葉おろしを入れた淡路産のこだわりポン酢にかるくつけて、数枚まとめて豪快に頬張ってみてください。

● てっちり鍋
鍋料理の王様。これを食べないと冬を迎えた気がしないという方も多いはず。淡白ながらも滋味豊かな味わい・ほのかな甘みと特有のぷりぷりとした身肉の食感に、一度味わうと誰もが心を奪われます。まず鍋に入れるのは、とらふぐのアラ部分から。たっぷりとダシが出たならば、続いてふぐの身や淡路島の旬野菜を加えます。引き上げるタイミングは特になく、少し煮すぎるくらいでも美味しく頂けます。

● ふぐ唐揚げ
淡白なふぐは油との相性も抜群。カリっと揚がった衣と身のプリっとした歯ごたえの組み合わせが絶妙で、豪快にかぶりつけばジュワっと上品な旨みが溢れます。あっさりしているのに食べ応えがあるふぐの唐揚げはお子様からご年配の方まで幅広い層に人気です。

● 雑炊
ふぐ料理のフィナーレを贅沢に味わう雑炊。その際立つ美味しさに、てっちりはこの雑炊のための下準備とさえ思わせるほど。とらふぐの旨みや旬の野菜の滋味がたっぷりと染み出たスープに淡路米を合わせ、とろとろの溶き卵を絡めてお愉しみください。旨さがお腹に染み渡り、身も心も芯から温まることでしょう。

淡路島3年とらふぐ特集ページ

淡路島3年とらふぐを味わう宿泊プラン

≪毎年恒例「ふくスクラッチ」!景品総額100万円★淡路島3年とらふぐ・三つの福キャンペーン≫
「淡路島3年とらふぐ を食べて、買って賞品をゲットしよう」。が合い言葉の『 淡路島3年とらふぐ・三つの福キャンペーン 』。
『 淡路島3年とらふぐ 』を食べる・購入すると証明書兼応募ハガキがもらえます。証明書に付いているスクラッチクジを削って当たりがでたら、応募ハガキに必要事項を記入しご投函ください。後日、事務局より賞品が発送されます。スクラッチクジが当たってもはずれても、応募すれば現金10万円と現金5千円が当たるWチャンスもあり!
今年の冬も『 淡路島3年とらふぐ 』に舌鼓を打ちつつ『 三つの福 』を手にしてみませんか。

※2019年3月31日(日)までに応募葉書をご投函していただいた方が対象
※スクラッチカードは1グループに1枚のご用意となります。
※三つの福キャンペーンの宿泊対象期間は、2018年10月1日(月)〜2019年3月31日(日)となります。

参考 http://www.centurion-hotel.com/okinawa-churaumi/news/2